家族

気兼ねなく大きな音が出せる|部屋を防音工事するメリットを知ろう

最適な木材を選ぼう

ウッドデッキ

木材の選び方

ウッドデッキがあると、憩いの場や遊び場、家事の場など生活の幅が広がりますよね。そんなウッドデッキを設置しようと考えている人は、たくさんあるウッドデッキ材を比較して、木材選びからこだわってほしいと思います。ウッドデッキ材には大きく分けると天然木と人工木の2種類があります。まずは天然木から比較していきましょう。はじめに、硬く、重さもあるハードウッド材です。ウッドデッキ材としてのメリットは、腐食や虫の害、水分に強いという耐久性の高さが挙げられます。さらに防腐剤や塗装などのメンテナンスをほとんどしなくて良いという点もあります。見た目は損なわれるものの、種類によっては20〜30年はメンテナンスをしなくて良い木材もあります。次にソフトウッド材とは柔らかな木材で、安くて手軽に使える木材のことです。ウッドデッキ材としては加工が楽、費用が抑えられることがメリットです。1年ごとのメンテナンスが必要ですが、何よりも天然素材の風合いが特徴で、他には代えがたい魅力があります。また、ハードウッド材とソフトウッド材とは別に、防腐処理材もあります。杉やヒノキなどに加圧注入を行い防腐処理をした木材です。これら天然木にはないメリットがあるのが人工木です。人工木とは樹脂木や再生木とも呼ばれる、プラスチック素材と木粉を混ぜて作った人工的な木材のことです。人工木はシロアリの害や水分で腐食するということは、ほぼありません。変色や変形が少ない上に加工もしやすく、傷がついても補修が容易なので、とにかくメンテナンスはなるべくしたくないけど、見た目は維持したいという人に向いています。比較してみるとウッドデッキ材にはそれぞれメリット、デメリットがあります。大切なのは自分がどのような目的でウッドデッキを作りたいのか、ということです。十分比較して、納得のいくウッドデッキ材を探しましょう。